おしりのブツブツを自宅以外の方法で治す

おしりのブツブツやニキビ、毛穴の汚れ、色素沈着しているなど症状や原因も個人差があります。
例えば、長時間椅子に座っている、おしりをゴシゴシ洗う、下着の締め付け、多汗症、乾燥肌でいつも痒いなどや生活習慣に原因があるなど様々です。

おしりのブツブツを解消できる自宅以外の方法をご紹介します。

それぞれ施術方法や費用などは違いますしブツブツの程度などによって選択先は変わってきます。

軽度のおしりのブツブツやざらざらはエステサロンで

エステサロンで行うケアは、毛穴洗浄から古い角質の除去、美白成分を浸透させて、保湿といった様な流れでおしりの肌への負担を抑えながらおしりのブツブツを解消していきます。

エステサロンでは、色々なコースが紹介されていますのでスタッフの方に相談することをおすすめします。

自宅でおしりのブツブツケアする内容と変わりはありませんが、施術してもらうことで簡単にケアしてもらえます。
エステの費用は、サロンによって違いがあります。
ただし、安心して任せることが出来るエステサロンを見つけましょう。

皮膚科でおしりのブツブツを診察してもらう

医師に診てもらうことで今以上のブツブツの悪化を防ぐ対策法やケア方法を相談できます。
おしりのブツブツの程度によりますが、一般的には保湿薬などを処方してもらえます。
施術やアフターケアなどは、行ってもらえませんのでご自分でケアをします。
しかし軽度のブツブツの方は、病院に行くには少し抵抗があるでしょう。
さらに病院の場合は、他の患者さんが周りにいたりお医者さん、看護婦さんにおしりを見せるのも恥ずかしいと思ってしまいます。
皮膚科での費用は、保険が適用されますので安く抑えられます。

美容外科はおしりのブツブツが酷く精神的に耐えられない時

美容外科は、形成外科とは異なり病人やけがなどの治療を行う医療施設ではありません。
身体の表面や皮膚など器官の眼、鼻、顔面などを美的に形成することを目的とした医療分野です。
おしりの肌再生などでは、コラーゲンを注入したりしてお肌が元々もっていた再生力を取り戻す事が可能になります。
それぞれの美容外科によって施術方法や使用する成分には違いがありますが、皮膚細胞の増殖を助け皮膚組織が再生され皮膚の弾力性が維持させることで美白のハリのあるおしりの肌に生まれ変わります。
美容外科を選ぶ場合は、費用面も含めしっかりカウンセリングを受けて決めましょう。
美容外科は、保険が適用されませんので高く費用が掛かります。

メディカルエステでおしりのブツブツをケアする

メディカルエステとは、普通のエステサロンと違い、皮膚科医が医学的根拠がある施術を監修や管理している医療機関が運営しているサロンです。
メディカルエステは、アフターケアなどもサロンで実施することができるようになっています。
今現在では、メディカルエステサロンも増えてきていますので通いやすくなっています。
皮膚科とエステを合わせたシステムですので施術内容もケア方法も安心して任せられることが一番のメリットです。
ただエステ同様に費用は、サロンによって違いがあります。
ケアにもコースが設定されていますので費用面を考えながら利用しましょう。
さらにサロンによっては、違いが大きくありますので下調べや口コミなどを参考に選択しましょう。