おしりの肌荒れがブツブツの原因に

おしりのニキビは、座るときに気になったり、友達と旅行中のお風呂や、着替えのときに気になります。
さらにそのままにしているとおしりのブツブツの原因にもなります。

おしりのブツブツやニキビは、肌に負担をかけないで治すことをお勧めします。
もし、汚れや毛穴の目詰まりが気になるからといって強くこするゴシゴシ洗いをしてしまうと皮膚の肌荒れが悪化して逆に酷くなったりする女性も意外と多いみたいです。

おしりのブツブツの原因は、男女と共通しておしりをこすれたり刺激があったり、下着の中が蒸れていたりすることで意外と簡単に肌トラブルになってしまいます。

また、普段からおしりの肌の通気性を良くするわけにも行かないので治りにくいことがあります。
常に下着で覆われている肌だからおしりのブツブツは、毛穴の皮脂汚れです。

おしりを洗いすぎて角質が硬くなりブツブツの原因に

デリケートなおしりのブツブツや毛穴の皮脂汚れを落とそうと過度に洗浄するのはお勧めしません。
なぜなら、余分な皮脂や汚れを肌に残さないのはおしりのニキビケアにもいいことですが、同時に過度に洗いすぎた場合は、皮膚の水分バランスを壊す可能性があるからです。

おしりの肌は通常うるおい成分と呼ばれるセラミドがばい菌や雑菌からバリア機能で守っています。
しかし、それをゴシゴシと過度な洗浄で落としてしまうと肌の皮膚が乾燥してしまいます。

最悪の場合角質がどんどん硬くなっておしりの皮膚がガチガチになってしまうケースに発展する可能性もでてくるそうです。
その結果として逆におしりの毛穴に古い角質が目詰まりを起こしてブツブツ・そしてニキビの原因にもなってしまいます。

おしりを綺麗に洗いすぎているのにブツブツが余計に酷くなっていると感じている方は、洗うことよりもおしりへの保湿スキンケアに力を入れましょう。

ご自分のおしりに対してどういうイメージをお持ちでしょうか?

おしりは自分の目でなかなか見える箇所ではないので気にしていない方もいるかもしれませんが、おしりもしっかりケアしてあげないと、様々なお肌トラブルを引き起こしてしまいますよ!

出産後やデスクワークなど理由は人それぞれ違いますが、肌トラブルで1番多い悩みがおしりのブツブツです。

おしりがカサカサ、ブツブツする方はおしりが黒ずんでいる可能性大です。
おしりが汚いと、ビキニを着るのも抵抗がありますし、温泉に入るのも人目を気にしてしまってゆっくりつかれません。

普段からおしりのスキンケアは行いましょう。
おしり専用の保湿ジェルがおすすめです。