おしりのブツブツにピーリング

おしりのブツブツにピーリングは効果はあるのでしょうか?
まずは、ピーリングの意味について簡単に説明します。
ピーリングとはその英語の意味の通りに肌の表面を剥く様な医療行為です。
表皮の角質を新しいものと交換するというものがピーリングです。
元々表皮の角質は古くなると交換されるものですが、それを促進させる治療です。

しかし、古い角質を薬品を利用して新しい角質と交換するため、人によってはおしりの肌がかなり荒れることとなります。
また角質が一時的におしりの肌がかなり薄くなるため摩擦や刺激にも弱くなります。

肌のターンオーバーといわれる新しい肌へ交換を行うことで、肌の多くのトラブルの解消をすることが出来ます。
特にブツブツやにきび跡などには大きな効果が期待できます。

おしりの肌の表面を新しくする事で多くの肌トラブルを一緒に剥ぎ取ってしまうというものがピーリングです。
肌の交換は通常は30日前後の周期で行われるものです。

自然にターンオーバーが出来るように、生活習慣を整える事も大事です。

おしりのブツブツにピーリングの利用間隔には注意

肌のターンオーバーを促進させることが出来るピーリングジェルですが、毎日の利用は出来ません。
肌の角質はその精製に多少の時間のかかるものです。
ピーリングの使用で角質を薄くして、それが基の角質層になるには数日かかります。
ピーリングを利用した後は2,3日置くようにしましょう。

しかし古い角質や毛穴の汚れが取れるところが見えるピーリングを連続して使用したくもなります。
しかしおしりの肌へのダメージも大きくなってしまいます。

肌の再生機能を促進させる事がピーリングの目的でもあります。
おしりの肌へのダメージはなるべく抑えるように、ピーリングは数日おいてから利用するようにしましょう。

おしりの肌の奥にはメラニン色素という黒ずみの元となるものがあります。
刺激や摩擦などの肌トラブルから皮膚を守る為に生成されるのですが、これは年齢とともに肌に現れやすくなります。
しかし肌のターンオーバーがしっかりと機能している場合はそのまま自然に除去される事もあります。
おしりの黒ずみなどの元となるメラニンは古い角質と一緒に排除するようにしましょう。

おしりの角質の交換をするピーリングは、多くのエステでも行うことが出来ます。
しかし通常は数回の施術が必要で、劇的な効果の出るものでもありません。

ご自分でおしりのブツブツをキレイにしたい時は、家庭でも簡単に出来るピーリングジェルがお勧めです。
エステのピーリングよりもかなり濃度の低いピーリングです。
ピーリングジェルは、濃度が低いので、肌の弱い人でもピーリングジェルなら大丈夫という人もいます。
おしりのブツブツにピーリングの効果を試すならピーリングジェルをお勧めします。

本格的におしりのブツブツをキレイにするピーリング治療をするならしっかりと医師との相談でピーリングを行うようにしましょう。